ワクチン接種2回目終了しました。

f:id:nijiiro414:20210626134633j:plain

画像 大規模接種センター入口
おはようございます。にじいろです。
 
昨日、2回目のワクチン接種を大阪
の大規模接種会場で受けてきました。
接種までの流れは1回目と全く同じ
です。
2回目の場合副反応が1回目よりも
大きいので、会場内での接種後の経
過観察時間が少し長かったように思
えます。
 
昨日の夕方に行ったのですが、1カ
月前の1回目の時より空いておりま
した。
会場内の滞在時間は20分ぐらいだ
ったのではないでしょうか。

非常にスムーズでした。
 

ワクチン接種後の副反応は

 
会場を後にして2時間後に家に到着。
その頃から徐々に注射を打った左肩
付近が痛み始めました。

1回目の注射を接種した後は当日左
肩が全く上がらず、リュックも背負
えない状況でしたが、2回目の注射
後はそこまで痛みはありませんでし
た。
 
翌日の朝はなんともなかったのです
が、午前中に倦怠感がありました。

持参したロキソニンを飲み、2,3
時間後に落ち着き、仕事にも全く支
障ありませんでした。
 
職場にロキソニンを持って行ったの
が正解だったようです。
 
その後は特に何も問題なく、普段通
りの生活を送ってます。
 
人によって副反応の度合いは変わる
ようですが、ウィルスを体にいれる
ですからそれは致し方ないかと思
いますね。

インフルエンザのワクチン接種の場
合だってそうでしょう。
 

コロナ感染拡大を止めるには、

ワクチン接種以外方法ありません。

 
 
既に日本でも7千万回を超えるワク
チン接種が行われております。
 
ファイザーやモデルナは日本の国が
安全性を認めたワクチンです。
 
確かに今回のワクチンはメッセンジ
ャーRNAがベースとなっており、
これはまだ歴史の浅いワクチンです。

ですから100%安心できないのは
確かです。
 
ですが、ワクチンを打たなければ、
いつまでたっても日常を取り戻すこ
とができません。


コロナにおびえる日々が続き、行動
制限が常に伴います。
 
それだけでなく、ワクチンを打たず
にコロナに感染してしまえば、家族
友人など身近な人たちを危険にさ
らすことになります。

もはやワクチン接種は自分自身の身
を守るためだけのためではなく、周
りの人たちの危険を軽減させるため
のものでもあるのです。
 
健康体にも関わらず、「ワクチンは
怖い」、「ワクチンは信用できない」
など科学的根拠なくワクチン接種へ
の協力を拒絶する方がいるなら、そ
れは大変残念です。
 
1日も早くコロナを撲滅して、再び
日常を取り戻すことを目指すために
もワクチン接種に協力いただきたい
と思います。
 
にじいろ